京都府にあるバラ園を紹介します。京都府には7カ所のバラ園があり、春の見ごろは5月中旬~6月上旬ごろ、秋の見ごろは10月中旬~11月上旬ごろが多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



京都府のバラ園とバラまつり

京都府立植物園 バラ園(京都府京都市)

大正13年(1924年)に開園した京都府立植物園。24haの広い敷地には1万2千種類、12万本の植物が植えられています。

洋風庭園からつづくバラ園では、比叡山を借景に、300種類2000本のバラを見られます。

2018年のイベント

春のバラ展:2018年5月18日(金)~5月20日(日)
秋のバラ展:2018年10月19日(金)~10月21日(日)

5月中旬~6月上旬10月中旬~11月中旬300種類・2000株

ガーデンミュージアム比叡(京都府京都市)

印象派画家の陶板絵画を展示しているガーデンミュージアム比叡。比叡山から琵琶湖や京都市内を望むことができます。

ローズガーデンでは、モネなど印象派の絵画ともに色とりどりのバラを栽培。高い山の上で気温が低いため、夏もバラが咲いています。

6月下旬~夏夏~10月不明

綾部バラ園(京都府綾部市)

綾部バラ園は、2010年に綾部市60周年を記念し開園。あやべグンゼスクエア(あやべ特産館・グンゼ博物苑・綾部バラ園の3施設)内にあります。

120種類1200本のバラは、市民ボランティア150名により維持管理され、無料で入園できます。

2018年のイベント

春のバラまつり:2018年5月19日(土)~6月24日(日)
秋のバラまつり::2018年10月20日(土)~

5月中旬~6月下旬10月中旬~11月上旬120種類・1200株

宇治市植物公園 バラ園(京都府宇治市)

宇治市植物公園は、山城総合運動公園(太陽が丘)と府民ふれあいの森に隣接。3675基のプランターを並べて描く花と水のタペストリーや温室などがあります。

園内の春のゾーンにバラの小径があり、24種類のバラが咲いています。

5月下旬~6月上旬10月中旬~11月中旬24種類・200m²

すとろべりぃあいすバラ園(京都府舞鶴市)

バラ苗や花束、園芸用品などバラに関係するものを販売している すとろべりぃあいすバラ園。

1100種類ものバラ園を見学するだけではなく、バラ苗の購入も可能。バラの香りが漂うオープンカフェもありイベントも開催しています。

2018年のイベント

ローズフェスティバル:2018年5月7日~6月17日(日)

5月下旬~6月下旬10月上旬~11月上旬1100種類・2000株

ガレリアかめおかバラ園(京都府亀岡市)

国道9号線沿いの道の駅ガレリアかめおかに併設しているバラ園。

市民有志が管理しており、芝生広場に隣接しているバラのアーチが見所です。

2018年のイベント

オープンガーデンかめおか2018:2018年5月19日(土)、5月20日(日)

5月下旬9月~10月40種類・900株

美山町自然文化村 バラ園(京都府南丹市)

美山の重要伝統的建造物群保存地区・かやぶきの里から川沿いに2㎞ほどで、美山町自然文化村「河鹿荘」があります。

「河鹿荘」の東にバラ園があり、入場無料でバラを鑑賞できます。

6月~7月上旬不明不明