奈良県にある4ヶ所のバラ園を紹介します。奈良県では、春の見ごろは5月中旬~6月上旬ごろ、秋の見ごろは10月中旬~11月上旬ごろが多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

奈良県のバラ園 目次
奈良市
霊山寺バラ庭園
橿原市
おふさ観音 バラ園
大和郡山市
松尾寺 バラ園
北葛城郡
馬見丘陵公園 バラ園

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



奈良県のバラ園とバラまつり

霊山寺バラ庭園(奈良県奈良市)

霊山寺(りょうせんじ)は鎌倉時代の本堂が国宝に指定されている真言宗の寺院です。

1200坪の近代庭園には、200品種2000本のバラが、世界平和を願い栽培されています。バラの咲く時期にはティーテラス「プリエール」も営業しています。

5月上旬~6月中旬10月中旬~11月上旬200種類・2000株

おふさ観音 バラ園(奈良県橿原市)

バラだけでなく、たくさんの花が四季折々に咲き「花まんだらのお寺」とも呼ばれる、おふさ観音。4000種類のバラを1株ずつ栽培しています

境内奥には茶房おふさがあり、バラジュースが人気です。

2018年のイベント

春のバラまつり:2018年5月15日(火)~6月30日(土)
秋のバラまつり:2018年10月19日(金)~11月30日(金)

5月中旬~6月下旬10月下旬~11月下旬3800種類・4000株

松尾寺 バラ園(奈良県大和郡山市)

日本最古の厄除け寺と称される松尾寺は、松尾山中腹の山寺です。昭和27年に本堂の大修理の記念に境内にバラを植え始めました。

バラが植えられている場所はお花畑と呼ばれ、花の時期には一般に無料公開されています。

2018年の一般公開

お花畑(バラ)の一般公開:2018年5月15日(火)~6月5日(月)

5月下旬~6月下旬不明不明

馬見丘陵公園 バラ園(奈良県北葛城郡河合町)

ナガレ山古墳など馬見古墳群の古墳が多数ある馬見丘陵公園。広い公園内には、芝生広場や木製遊具、菖蒲園などがあります。

中央エリア「花の道」にバラ園があり、1000m²に26品種500本のバラを見ることができます。

5月下旬~6月上旬10月上旬~11月上旬26種類・500株