神奈川県にある27カ所のバラ園を紹介します。神奈川県では、春の見ごろは5月中旬~6月上旬、秋の見ごろは10月中旬~11月上旬が多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



神奈川県のバラ園とバラまつり

生田緑地ばら苑(旧向ヶ丘遊園内)(神奈川県川崎市)

生田緑地ばら苑は、1958年開苑の「東洋一のばら苑」と呼ばれた向ヶ丘遊園内のバラ園を川崎市が引き継き、運営しています。

春と秋のバラの季節のみ一般公開され、533品種・4700本のバラが無料で公開されています。

2018年の一般公開

春の公開期間:2018年5月10日(金)~5月27日(日)
秋の公開期間:未定(例年10月中旬~11月上旬)

5月中旬~5月下旬10月中旬~11月上旬533種類・4700株

港の見える丘公園(神奈川県横浜市)

2016年にリニューアルした港の見える丘公園のバラ園。元のバラ園の場所はイングリッシュローズの庭として整備されました。

イングリッシュローズの庭、香りの庭、バラとカスケードの庭の3つのエリアがあり、合計330品種・2200本のバラを四季の草花とともに鑑賞できます。

5月中旬~6月中旬10月中旬~11月中旬330種類・2200株

横浜イングリッシュガーデン(神奈川県横浜市)

2000坪の敷地にバラやクレマチス、ハーブなどを混植している横浜イングリッシュガーデン。

1300品種1800本のバラと3000品種以上のいろいろな植物が調和して、イギリス風の自然の趣を醸し出しています。施設内にはショップやカフェもあります。

5月旬~6月上旬10月中旬~11月上旬1300種類・1800株

山下公園 バラ園(神奈川県横浜市)

関東大震災のがれきを埋め、昭和5年に開園した山下公園。海の近くなので横浜ベイブリッジや船が見え、赤い靴はいてた女の子像などがあります。

バラ園は、190品種・2650本のバラが植えられ、宿根草など年間と通じて楽しめるよう2016年にリニューアルされました。

5月10月190種類・2650株

タカナシ乳業 バラ園(神奈川県横浜市)

タカナシ乳業の横浜工場内にバラ園があります。無料で一般公開され、個人の場合は予約不要です。

食品工場の敷地内のため、ペットは同伴できませんが、バラ園にはテラスや芝生広場もあり、160品種500本のバラを鑑賞できます。

5月~6月上旬11月160種類・500株

横浜市こども植物園 バラ園(神奈川県横浜市)

横浜市児童遊園地の隣にある「こども植物園」は、1979年に開園した2.6haの植物園です。くだもの園、薬草園などがあり、園内に設置された植物クイズパネルで楽しみながら植物について学べます。

バラ園では400本のバラが栽培され、アーチに仕立てられたつるバラやスタンダード仕立てのバラなどを無料で鑑賞できます。

5月下旬~6月上旬10月下旬~11月中旬150種類・400株

野毛山公園 バラ園(神奈川県横浜市)

野毛山公園(のげやまこうえん)は、1926年に開園した公園です。敷地内に野毛山動物園があり、サクラの名所としても知られています。

動物園正門前にあるつり橋を渡った先の芝生広場の一角にバラ園があり、45品種290本のバラを鑑賞することができます。

5月中旬~6月上旬10月上旬~11月上旬45種類・290株

横浜八景島 丘の広場バラ園(神奈川県横浜市)

水族館で有名な横浜八景島シーパラダイス。島の中央の丘の広場にはバラ園があります。

丘の上のバラ園は、360゜海に囲まれており、大きなアーチやガゼボに仕立てられたつるバラなど、30品種・200本のバラが鑑賞できます。

2018年のイベント

第3回八景島バラフェスタ:2018年5月12日(土)~5月20日(日)

5月中旬~6月上旬10月中旬~11月上旬30種類・200株

ヴェルニー公園 バラ園 (神奈川県横須賀市)

横須賀港に面する臨海公園を2001年にヴェルニー公園としてリニューアル、フランス式庭園の様式を取り入れて整備されました。

つるバラのエリア、白いバラのエリア、フランスと日本のバラのエリアなどに130品種1400本のバラが植えられています。

2018年のイベント

春のローズフェスタ:2018年5月12日(土)~5月13日(日)
秋のローズフェスタ:未定(例年10月下旬の土日)

5月中旬~6月上旬10月中旬~11月上旬130種類・1400株

花菜ガーデン バラ園・薔薇の轍(神奈川県平塚市)

20110年に開園した花菜ガーデン(かなガーデン)は、神奈川県立花と緑のふれあいセンターの愛称です。9.2haの面積があり、農業や園芸を楽しみながら学べます。

フラワーゾーンにある「薔薇の轍」(ばらのわだち)では、野生種から近代薔薇まで、バラの品種改良の歴史が分かるように1500品種・2300本のバラが植栽されています。

2018年のイベント

ローズフェスティバル2018~春:2018年5月7日(月)~6月3日(日)
ローズフェスティバル2018~秋:未定(例年10月中旬~11月上旬)

5月中旬~6月上旬10月中旬~11月上旬1500種類・2300株

平塚市総合公園 バラ園(神奈川県平塚市)

平塚市総合公園は、10万本の樹木が植えられ、スポーツやレクリエーションの場として親しまれる公園です。スタジアムや体育館、ふれあい動物園、桜の広場などがあります。

北側の駐車場と、管理事務所の南にバラ園があり、合わせて800本のバラが栽培されています。

5月上旬~6月中旬10月中旬~11月中旬800株

相模原北公園 バラ園(神奈川県相模原市)

相模原北公園は公園全体が植物園のような雰囲気で作られた総合公園です。体育館やピクニック広場、梅園、アジサイ園などがあります。

花木園には75品種1840本のバラが植えられています。

5月上旬~6月上旬10月中旬~11月上旬75種類・1840株

日比谷花壇大船フラワーセンター ばら園(旧神奈川県立フラワーセンター大船植物園)(神奈川県鎌倉市)

神奈川県立フラワーセンター大船植物園は、1967年に神奈川県農業試験場の跡地に開設された植物園です。2018年4月1日、日比谷花壇大船フラワーセンターとしてリニューアルオープンしました。

ばら園では、休憩所を中心に、原種、オールドローズ、モダンローズなど350品種1200本が植えられています。

5月中旬~7月上旬10月中旬~11月中旬350種類・1200株

鎌倉文学館 バラ園(神奈川県鎌倉市)

鎌倉文学館は、鎌倉市が寄贈を受けた旧前田侯爵別邸を鎌倉ゆかりの文学者の展示を行う文学館として1985年に開館しました。

本館前の庭園は芝生が広がり、南側には約600m²のバラ園があります。趣のある別荘とともに200品種・250本のバラを鑑賞できます。

2018年のイベント

バラまつり:2018年5月11日(金)~6月10日(日)

5月中旬~6月下旬10月中旬~11月下旬200種類・250株

相模川ローズガーデン(神奈川県厚木市)

2013年に開園した相模川ローズガーデンは、相模川右岸の河川敷ある広さ3000m²のバラ園です。

河川敷にあるバラ園はめずらしく、3つのゾーンに分けた55品種1300本のバラを鑑賞できます。

2018年のイベント

第5回ローズガーデンフェスティバル:2018年5月19日(土)

5月中旬~6月上旬10月中旬~11月上旬55種類・1300株

栗の里ローズガーデン(神奈川県厚木市)

農家直営レストラン栗の里 厚木店には、ローズガーデンやドッグカフェがあります。

栗の里ローズガーデンでは、四季咲きの品種を多く栽培、剪定を工夫することで、春と秋だけでなく4月下旬~12月上旬の長い期間バラを楽しめます。日本一長いつるバラのカーテンに認定されたつるバラ「アルベリック・バルビエ」も鑑賞できます。

4月下旬~6月中旬9月下旬~10月下旬100種類・700株

光綾公園 バラ園(神奈川県綾瀬市)

綾瀬市の中央に位置する光綾公園(こうりょうこうえん)には、野球場や日本庭園、大型遊具などがあります。

バラ園では、つるバラのアーチなど、28品種900本のバラを無料で鑑賞できます。

5月中旬11月中旬28種類・900株

城山公園 花木園(神奈川県綾瀬市)

城山公園は、鎌倉時代源頼朝の御家人であった渋谷重国の居城跡に作られた公園です。バーベキュー施設や遊具広場、蛍の飛ぶわさび田跡地などがあります。

芝桜がひろがる花木園では、66品種500本のバラを無料で鑑賞できます。

5月中旬10月中旬66種類・500株

強羅公園 ローズガーデン(神奈川県箱根町)

箱根登山電車の終着駅、強羅にある強羅公園(ごうらこうえん)は、華族など上流階級の親睦施設として大正3年(1914年)に開園。1957年に植物園などを整備し一般開放されました。日本庭園部分は箱根美術館の庭園として残されています。

ローズガーデンでは、140品種1000本のバラを鑑賞することができます。

5月下旬~6月上旬10月下旬~11月上旬140種類・1000株

小田急山のホテル ローズガーデン(神奈川県箱根町)

山のホテルは、芦ノ湖畔にあるリゾートホテルです。岩崎小弥太の別邸のあった場所で、15万m²の庭園は、3000株のツツジや300株のシャクナゲが植えられています。

2002年、庭園の一角にローズガーデンとチャペルをオープンし、30種類200本のバラを鑑賞できます。

6月中旬~7月中旬9月中旬~10月中旬30種類・200株

神奈川県立あいかわ公園 バラ園(神奈川愛甲郡愛川町)

神奈川県立あいかわ公園は、51haの広さの公園です。ツツジの群植、子ども達が遊べるジャブジャブ池やアスレチックなどがあり、宮ヶ瀬ダムの観光放流の様子も見学できます。

園内にはバラも植えられており、120品種350本のバラを鑑賞できます。

5月10月120種類・350株

小田原フラワーガーデン バラ園(神奈川県小田原市)

花と緑の生活文化の創造をテーマに1995年にオープンした小田原フラワーガーデン。トロピカルドーム温室や200種類の梅林、バラ園など、たくさんの草花を楽しめる公園です。

大きなガゼボに絡ませたつるバラなど、145品種・345本のバラがアルカディア広場周辺に広がっています。

2018年のイベント

2018春のローズフェスタ:2018年5月8日(火)~6月3日(日)
2018春のローズフェスタ:未定(例年10月下旬~11月中旬)

5月中旬~6月下旬10月下旬~11月中旬145種類・345株

日本大学生物資源科学部付属農場バラ園(神奈川県藤沢市)

藤沢市にある日本大学の研究農場のバラ園では、春と秋のシーズンには一般公開されています。

30haの敷地に、原種、モダンローズなど250品種900本のバラを栽培しています。開園期間中は自由に見学できます。

2018年の一般公開

春の一般公開:2018年4月28日(土)~
秋の一般公開:未定(例年10月中旬11月中旬)

5月中旬10月下旬250種類・900株

江の島サムエル・コッキング苑(神奈川県藤沢市)

明治時代の貿易商「サムエル・コッキング」に由来した南国ムードの植物園です。

コッキング遺構近くのウインザー広場には、姉妹都市カナダのウィンザー市ゆかりのバラが200本近く植えられています。

5月10月190株

長久保公園都市緑化植物園 バラ園(神奈川県藤沢市)

長久保公園都市緑化植物園は藤沢市にある3.4haの広さの公園です。迷路に仕立た生垣見本園やハーブ園、渓流広場、芝生広場などがあり、池にはカワセミも飛来することがあります。

園内3か所に、合計50品種130本のバラが栽培されています。

5月中旬~6月上旬10月50種類・130株

大庭城址公園 花の広場(神奈川県藤沢市)

広さ12.6haの大庭城址公園(おおばじょうしこうえん)は、サクラや藤など四季折々の花が咲き、芝生広場やアスレチックもある公園です。

花の広場には100本ほどのバラが植えられ、無料で鑑賞することができます。

5月~6月10月下旬100株

大磯城山公園 旧吉田茂邸 バラ園(神奈川県中郡大磯町)

内閣総理大臣だった吉田茂はバラの愛好家として知られ、旧吉田茂邸にはバラ園がありました。

現在は縮小され、10m四方ほどの広さですが、プリンセスミチコなど、17品種・280本のバラが咲いています。

5月上旬~6月上旬10月上旬~11月上旬17種類・280株