群馬県にある6カ所のバラ園を紹介します。群馬県では、春の見ごろは5月中旬~6月上旬、秋の見ごろは10月上旬~10月下旬が多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



群馬県のバラ園とバラまつり

敷島公園ばら園(群馬県前橋市)

前橋市にある敷島公園は、陸上競技場や野球場などのスポーツ施設とフィールドアスレチックやボート池などがあるレクリエーション施設のある公園です。

2008年にリニューアルしたバラ園では、4.5haのスペースに前橋市の花バラを600品種・7000本栽培。無料で鑑賞できます。

2018年のイベント

春のばら園まつり:2018年5月19日(土)~6月10日(日)
秋のばらフェスタ:未定(例年10月中旬~11月上旬)

5月中旬~6月上旬10月中旬~11月上旬600種類・7000株

東武トレジャーガーデン ローズガーデン(群馬県館林市)

面積8万m²の東武トレジャーガーデンには、25万株の芝桜のガーデンやネモフィラの青のガーデン、水辺のローズガーデン、ロングボーダーガーデンの4つのエリアがあります。

ローズガーデンでは、1500品種・3000本のバラと宿根草が栽培されています。夏季・冬季はメンテナンス期間のため休園です。

2018年のイベント

ローズ&ガーデンフェスタ:2018年5月7日(月)~6月10日(日)
秋のローズ&ガーデンフェスタ:10月上旬~11月上旬予定

5月上旬~6月下旬10月上旬~11月上旬1500種類・3000株

ぐんまフラワーパーク バラ園(群馬県前橋市)

ぐんまフラワーパークは、赤城山の麓にある群馬県立の植物園です。18.4haの敷地に6000m²の大花壇や温室、展望台、キッズエリアなどがあります。

バラ園では香りをテーマに350品種・1600本のバラを栽培。香りのバラアーチや大型のスタンダード仕立てのバラなどが鑑賞できます。

2018年のイベント

バラフェスタ:2018年5月19日(土)~6月3日(日)
秋バラフェスタ:未定(例年9月下旬~10月中旬)

5月中旬~6月上旬9月下旬~10月中旬350種類・1600株

赤城ローズ&ベリーガーデン(群馬県前橋市)

赤城ローズ&ベリーガーデンは、前橋市にある造園会社に併設されています。

イングリッシュローズを中心に、360品種・1200本のバラを鑑賞でき、バラやジューンベリーの苗の販売もあります。

5月~6月10月360種類・1200株

アンディ&ウイリアムスボタニックガーデン(群馬県太田市)

アンディ&ウイリアムスボタニックガーデンは、二人のイギリス人ガーデナーの手によるイングリッシュガーデンです。ホームセンター「ジョイフル本田」が運営し、総面積2万m²の敷地に20以上のガーデンルームがあります。

ローズガーデン以外にもバラのアーチがあるガーデンもあります。冬季休業です。

5月上旬~6月中旬10月上旬~10月下旬不明

玉村町北部公園 バラ園(群馬県佐波郡玉村町)

広さ4.7haの玉村町北部公園は「自然とやすらぎのゾーン」「広場と遊びのゾーン」「スポーツゾーン」の3つのエリアに分かれている公園です。大型遊具やサッカー場、噴水広場などがあります。

バラ園には、50品種480本のバラが栽培され、町の花のバラを身近に親しむことができます。

5月中旬~6月下旬10月上旬~10月下旬50種類・480株