バラ(クイーン・エリザベス)の花。長居植物園で撮影
バラ(クイーン・エリザベス)の花 2017/11/7 長居植物園

クイーン・エリザベスはどんなバラ?

バラ(クイーン・エリザベス)の花
品種名
クイーン・エリザベス
Queen Elizabeth
系統
Gr(Grandiflora)グランディフローラ
咲き方
四季咲き
花の色
ピンク
花の形・大きさ
丸弁抱え咲き 12cm
花の香り
香りあり



クイーン・エリザベスの花の特徴

バラ(クイーン・エリザベス)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(クイーン・エリザベス)の花 2017/11/7 長居植物園

クイーン・エリザベスは、12㎝ほどの大きさ、明るいピンク色のバラの品種です。質の良い丸い花びらで、花持ちもよく、房咲きになります。

ハイブリッドティーとフロリバンダの両方の性質を兼ね備えたグランディフローラ系を確立した品種です。

バラ(クイーン・エリザベス)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(クイーン・エリザベス)の花 2017/11/7 長居植物園

イギリスのエリザベス女王の戴冠にちなんで名づけられました。

クイーン・エリザベスの樹形

バラ(クイーン・エリザベス)の木全体。長居植物園で撮影
バラ(クイーン・エリザベス)の木 2017/11/7 長居植物園

クイーン・エリザベスは、樹高2.0mほど、直立性の樹形で、かなり大きく育つ品種です。

耐暑性、耐寒性に優れた強健種なので、初心者にも育てやすいです。

バラ(クイーン・エリザベス)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(クイーン・エリザベス)のトゲ 2017/11/7 長居植物園




クイーン・エリザベスの作出について

バラ(クイーン・エリザベス)の花。長居植物園で撮影
バラ(クイーン・エリザベス)の花 2017/11/7 長居植物園

クイーン・エリザベスは、1954年にアメリカのウォルター・ラマーツ (Dr. Walter Lemmerts)が作り出したバラの品種です。1978年、第4回世界バラ会連合世界大会(南アフリカ プレトリア大会)で「バラの殿堂」入りをしています。

交配親は、(Charlotte Armstrong)と(Floradora)です。

クイーン・エリザベスを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)