花博記念公園鶴見緑地バラ園のガゼボ
花博記念公園鶴見緑地バラ園  撮影日:2016/5/8

大阪市鶴見区にある花博記念公園鶴見緑地内のバラ園の見頃時期やアクセスを紹介します。バラ園では310品種1400本のバラが栽培されており、入園無料で鑑賞できますよ。

2018年9月の台風21号により、花博記念公園内でも倒木などの被害が発生しました。バラ園のある山のエリア内では倒木が著しいため、当面の間、閉鎖されています。10月20日(土)より一部開園となり、バラ園とコスモス畑のある風車の丘は入園可能になりました。(2018年10月16日更新)




花博記念公園鶴見緑地 バラ園について

花博記念公園鶴見緑地のバラ園
花博記念公園鶴見緑地バラ園  撮影日:2016/5/8

鶴見緑地は1972年開園、1990年の国際花と緑の博覧会のメイン会場となったあと、記念施設を利用して再整備されました。咲くやこの花館・パークゴルフ場・体育館・風車の丘などがあり、現在は花博記念公園鶴見緑地と呼ばれています。

バラ園では310品種1400本のバラが栽培され、国際花と緑の博覧会を記念してつくられた「鶴見’90」も鑑賞できます。モダンローズだけでなく、原種・野生種やオールドローズもあり、バラの歴史が分かるよう栽培展示されていますよ。

傾斜のある敷地で高台にガゼボなどもあるので、バラ園全体を見下ろすこともできます。満開の時期にはバラの香りにバラ園全体が満たされ、とても心地よい場所です。

花博記念公園鶴見緑地バラ園の入園料と休園日

花博記念公園鶴見緑地バラ園にはだれでも無料で入園できます。咲くやこの花館など一部有料施設ありますが、公園全体は無料です。

花博記念公園鶴見緑地の公園部分には休園日がないため、バラ園にも決まった休園日はありません。ただ、芝生広場のようにいつでも入園できるわけではなく、バラ園のある山のエリアの開園時間は9時で、閉演時間は4月~10月は17時30分、11月~3月は16時30分となっています。

2018年の花博記念公園鶴見緑地 バラ園の見頃はいつ?

花博記念公園鶴見緑地バラ園のガゼボに咲くモッコウバラ
花博記念公園鶴見緑地バラ園  撮影日:2016/4/24

春バラの見頃:5月中旬~6月上旬

花博記念公園鶴見緑地のバラ園は、例年5月中旬~6月上旬が見ごろのようです。全体の見ごろは5月中旬からですが、モッコウバラやノバラなど原種のバラは現代バラよりも早く咲く種類が多く4月下旬から見ごろです。

春は一季咲きの品種も咲いているので、一番多くの種類のバラを鑑賞できます。特につるバラは秋の花が少ないことが多いため、つるバラを鑑賞したい場合は春にバラ園を訪れてくださいね。

花博記念公園鶴見緑地公式の開花情報によると、2018年の春のバラはゴールデンウィークごろの気温が高かったので4月下旬から咲き始め、全体に例年より見ごろが早かったようです。

鶴見緑地公式のインスタグラムより 2018年4月26日の投稿

秋バラの見頃:10月中旬~11月上旬

秋の見ごろは10月中旬~11月下旬です。春と比べると花が小さめで花数も少ないですが、秋のバラは色が鮮やかで香りが強くなります。

公式の情報では2017年の秋のバラの見ごろは10月11日から11月15日まででした。2018年の見頃も同じ時期になりそうです。

鶴見緑地公式のインスタグラムより 2016年10月10日の投稿

山のエリアのバラ園、咲き始めています!! 秋のバラは花色が冴えて美しいといわれています。 秋の開花シーズンに合わせ、今月10月18日、19日の2日間、バラ園において、無料の「ローズツアー」が開催されます。お楽しみに! 写真のピンクのバラは‘#クイーンエリザベス ’。イギリスの女王陛下の名前が付けられています。 品種名に人の名前が付けられたバラは案外多く、プリンセスミチコ、プリンセスマサコ、プリンセスアイコといった品種名のものもバラ園内に植わっています。(ほかにもたくさんあります…総品種数は約300!) 名前に注目しながらバラを見るのも面白いですよ✨ #鶴見緑地#バラ#クイーンエリザベス#花

鶴見緑地パークセンターさん(@tsurumiryokuchi)がシェアした投稿 –

花博記念公園鶴見緑地 バラ園のイベントやバラまつり

花博記念公園鶴見緑地 バラ園では、例年5月と10月に「ローズツアー」を開催します。ローズツアーではバラの管理をしているスタッフさんからバラの特徴や栽培のコツなどを説明していただけます。

2018年のイベント

春のローズツアー:2018年5月10日(水)、5月11日(金)
秋のローズツアー:未定(例年10月中~下旬)

くわしくは公式サイトへ→ 花博記念公園鶴見緑地公式サイト



花博記念公園鶴見緑地 バラ園で栽培されているバラの品種

花博記念公園鶴見緑地 バラ園で栽培されている約310品種のバラのうち、一部の名前を紹介します。

  • アイスバーグ
  • 嵐山(アラシヤマ)
  • 十六夜バラ(イザヨイバラ)
  • オリンピック・ファイヤー
  • ゴールド・バニー
  • スヴニール・ドゥ・アンネ・フランク
  • チャールストン
  • チャンピオン・オブ・ザ・ワールド
  • 鶴見’90(ツルミ’90)
  • ピース
  • ブラック・バカラ
  • プリンセス・アイコ
  • プリンセス・ミチコ
  • ブルー・ムーン
  • マリア・カラス
  • 緑光(リョッコウ)
  • ラ・フランス
  • ラーヴァグルート/ラバグルト

花博記念公園鶴見緑地 バラ園へのアクセス

花博記念公園鶴見緑地のバラ園へのアクセスは、公共交通機関の場合、地下鉄長堀鶴見緑地線の鶴見緑地駅が最寄り駅です。鶴見緑地駅の改札は1カ所、駅から出て大通りの向こう側に花博記念公園鶴見緑地の中央口があります。

車の場合、近畿自動車道「門真IC」または「大東鶴見IC」、第二京阪道「第二京阪門真IC」が最寄りの高速道路出口です。

花博記念公園鶴見緑地の駐車場情報

花博記念公園鶴見緑地には6か所の駐車場があり、全部で2000台ほど駐車できます。中央口に近いのは、中央第2駐車場(200台)です。大通りの向こう側には一番多く停められる中央第1駐車場(899台)があります。

駐車料金は全て同じで、昼間(7~19時)20分100円、一日の最大料金は1,000円です。




花博記念公園鶴見緑地 バラ園の施設概要

花博記念公園鶴見緑地 公式サイト
https://www.tsurumi-ryokuchi.jp/
 入園料
バラ園は無料
咲くやこの花館などの施設利用は有料
 開園時間
4月~10月:9:00~17:30
11月~3月:9:00~16:30
 休園日
なし
咲くやこの花館などは月曜定休
 連絡先
06-6911-8787




 住所
〒581-0039
大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163
 アクセス(公共)
・地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」下車
 アクセス(マイカー)
最寄り出口「門真IC」「大東鶴見IC」(近畿自動車道)
「第二京阪門真IC」(第二京阪道)
P 駐車場
有料駐車場あり
中央口最寄りは「中央第2駐車場」(200台)「中央第1駐車場」(899台)