広島県にある6カ所のバラ園を紹介します。広島県では、春の見ごろは5月中旬~6月上旬、秋の見ごろは10月中旬~11月上旬が多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



広島県のバラ園とバラまつり

ばら公園(広島県福山市)

1945年の福山空襲で焼け野原になった福山の街の復興を願って、バラの苗1000本を植えたのがきっかけとなり、ばら公園が誕生しました。

ばら公園では、福山市制70周年を記念した「ローズ・ふくやま」など、280品種・5500本のバラが栽培され、無料で鑑賞できます。バラは福山市の花に制定されています。

2018年のイベント

第51回福山ばら祭2018:2018年5月19日(土)~5月20日(日)

5月中旬~5月下旬10月下旬~11月中旬280種類・5500株

緑町公園 ばら花壇(広島県福山市)

緑町公園は、防災機能を備えた総合公園で、ばら花壇や和風庭園、体育館(ローズアリーナ)、芝生広場などがあります。

ばら花壇は、六角錘のピラミッド型をしており、330品種・5100本のバラを無料で鑑賞できます。

2018年のイベント

第51回福山ばら祭2018:2018年5月19日(土)~5月20日(日)

5月中旬~5月下旬10月下旬~11月上旬330種類・5100株

湧永満之記念庭園 バラ園(広島県安芸高田市)

湧永満之記念庭園(わくながまんじきねんていえん)は、湧永製薬株式会社が牧場跡地を利用し、社員の手により作った庭園です。二つの庭園とバラ園、薬用植物園、モネの水連池があります。

バラ園では、500品種・5000本のバラを無料で鑑賞できます。冬季休園です。

5月下旬~6月中旬10月500種類・5000株

広島市植物公園 バラ園(広島県広島市)

広島市植物公園は、18.3haの広さをもつ植物園です。大温室や花の進化園、芝生広場など、1万品種・20万本の植物を栽培しています。

バラ園には570品種のバラが植えられ、植物園全体では850品種・1300本のバラが栽培されています。バラ園からは宮島や瀬戸内海の島々も観ることができます。

5月中旬~6月中旬10月中旬~11月中旬850種類・1300株

新牛田公園・牛田総合公園 バラ園(広島県広島市)

新牛田公園・牛田総合公園は、東区スポーツセンターの隣にあり、テニスコート、ゲートボールコート、多目的広場などがある公園です。

バラ園では、65品種・2400本のバラが栽培され、無料で鑑賞できます。バラの育て方講座なども開催しています。

5月~6月10月~11月65種類・2400株

春日池公園(広島県福山市)

春日池公園(かすがいけこうえん)は、春日池の周辺を整備し、桜やバラ、ハナショウブなどを栽培している公園です。芝生広場や大型遊具などもあります。

花の広場では、福山市の花バラが63品種・3300本植えられ、無料で鑑賞できます。

5月~6月10月~11月63種類・3300株