バラ(アイスバーグ)の花。長居植物園で撮影
バラ(アイスバーグ)の花 2017/11/7 長居植物園

アイスバーグ / シュネービッチェンはどんなバラ?

バラ(アイスバーグ)の花

品種名
アイスバーグ/シュネービッチェン
Iceberg
系統
F(Floribunda)フロリバンダ
咲き方
四季咲き
花の色
花の形・大きさ
八重平咲き 8cm
花の香り
微香



アイスバーグの花の特徴

バラ(アイスバーグ)の花。長居植物園で撮影
バラ(アイスバーグ)の花 2017/11/7 長居植物園

アイスバーグは半八重咲きの白いバラです。大きさは8㎝ほど、房咲きで多花性なので、長い期間花を楽しむことができます。

アイスバーグは商品名ですが、品種名のシュネービッチェンより知られています。シュネービッチェンは、ドイツ語で白雪姫という意味です。

バラ(アイスバーグ)の花。長居植物園で撮影
バラ(アイスバーグ )の木と花 2017/11/7 長居植物園

アイスバーグの樹形

バラ(アイスバーグ)の木全体の写真。長居植物園で撮影
バラ(アイスバーグ)の木と花 2017/11/7 長居植物園

アイスバーグは樹高が1.4mほど、半横張りで大きな株立ちになります。花首の部分が細めなので、少しうつむいて咲きます。

樹勢が強く、栽培しやすい品種。枝は細くしなやかで、トゲは少なめです。

バラ(アイスバーグ)の枝とトゲと葉。荒巻バラ公園で撮影
バラ(アイスバーグ)の茎とトゲ 2017/10/26 荒巻バラ公園




アイスバーグの作出について

バラ(アイスバーグ)の花と枝。長居植物園で撮影
バラ(アイスバーグ)の花 2017/11/7 長居植物園

アイスバーグは、1958年にドイツのコルデス(R.Kordes)が作り出したバラの品種です。1983年、第6回世界バラ会連合世界大会で「バラの殿堂」入りしています。

交配親は、母品種がロビンフッド(Robin Hood)、父品種がヴィルゴ(Virgo)です。

アイスバーグ / シュネービッチェンを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)
花博記念公園鶴見緑地(大阪府大阪市)
荒巻バラ公園(兵庫県伊丹市)