バラ(チャールストン)の花。長居植物園で撮影
バラ(チャールストン)の花 2017/11/7 長居植物園

チャールストンはどんなバラ?

バラ(チャールストン)の花
品種名
チャールストン
Charleston
系統
F(フロリバンダ)
咲き方
四季咲き
花の色
花の形・大きさ
丸弁カップ咲き 7cm
花の香り
微香



チャールストンの花の特徴

バラ(チャールストン)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(チャールストン)の花 2017/11/7 長居植物園

チャールストンは、7㎝ほどの大きさの半八重咲き、花色が変わる代表的なバラの品種の一つです。

咲き始めは花びらの全体が黄色で縁が赤い程度ですが、咲き進むにつれ赤みが増します。日照時間と気温により花色には強弱があり、春より秋の花の方が鮮やかに変化します。

バラ(チャールストン)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(チャールストン)のつぼみ 2017/11/7 長居植物園

チャールストンの樹形

バラ(チャールストン)の木全体。長居植物園で撮影
バラ(チャールストン)の木 2017/11/7 長居植物園

チャールストンは樹高1.0mほど、半直立性の樹形です。シュートが発生しやすく、枝数が多いので、鉢栽培にも向いています。

バラ(チャールストン)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(チャールストン)のトゲ 2017/11/7 長居植物園




チャールストンの作出について

バラ(チャールストン)の花。長居植物園で撮影
バラ(チャールストン)の花 2017/11/7 長居植物園

チャールストンは、1963年にフランスのメイアン(Meilland,A.)が作り出したバラの品種です。

交配親は、(Masquerade)と(Radar×Caprice)です。

チャールストンを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)