バラ(ショッキング・ブルー)の花。長居植物園で撮影
バラ(ショッキング・ブルー)の花 2017/11/7 長居植物園

ショッキング・ブルーはどんなバラ?

バラ(ショッキング・ブルー)の花
品種名
ショッキング・ブルー
Shocking Blue
系統
F(フロリバンダ)
咲き方
四季咲き
花の色
花の形・大きさ
半剣弁高芯咲き 8cm
花の香り
香りあり



ショッキング・ブルーの花の特徴

バラ(ショッキング・ブルー)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(ショッキング・ブルー)の花 2017/11/7 長居植物園

ショッキング・ブルーは大きさ8㎝ほどの赤紫色のバラの品種です。半剣弁高芯咲きの 整った花型で、花びらの縁が少し波打っています。

一輪または数輪の房咲きで花付きがよく、四季咲き性のため、長い期間花を楽しむことができます。ダマスク系の強い香りがあります。

バラ(ショッキング・ブルー)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(ショッキング・ブルー)の花 2017/11/7 長居植物園

ショッキング・ブルーの樹形

バラ(ショッキング・ブルー)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(ショッキング・ブルー)の木 2017/11/7 長居植物園

ショッキング・ブルーは樹高1.0mほど、直立性の樹形です。樹勢が強く、株のまとまりが良いため、地植えにも向いています。




ショッキング・ブルーの作出について

バラ(ショッキング・ブルー)の花。長居植物園で撮影
バラ(ショッキング・ブルー)の花 2017/11/7 長居植物園

ショッキング・ブルーは、1974年にドイツのコルデス(Kordes,W.)が作り出したバラの品種です。

交配親は、(実生)と(Silver Star)です。

ショッキング・ブルーを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)