バラ(トゥールーズ・ロートレック)の花。長居植物園で撮影
バラ(トゥールーズ・ロートレック)の花 2017/11/7 長居植物園

トゥールーズ・ロートレックはどんなバラ?

品種名
トゥールーズ・ロートレック
Toulouse Lautrec
系統
HT(ハイブリッド・ティー)
咲き方
四季咲き
花の色
黄色
花の形・大きさ
丸弁シャクヤク咲き・ロゼット咲き 10cm
花の香り
香りあり



トゥールーズ・ロートレックの花の特徴

バラ(トゥールーズ・ロートレック)の咲きかけの花。長居植物園で撮影
バラ(トゥールーズ・ロートレック)の花 2017/11/7 長居植物園

トゥールーズ・ロートレックは、10㎝ほどの大きさの黄色の花を咲かせるバラの品種です。丸弁の花びらの数は80枚と多く、シャクヤク咲きまたはロゼット咲きの花型です。

香りが強く、花茎が長いため、切り花としても人気の高いバラです。

バラ(トゥールーズ・ロートレック)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(トゥールーズ・ロートレック)のつぼみ 2017/11/7 長居植物園

名前は、「ムーラン・ルージュ」のポスターなどでも知られるフランスの画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにちなんでつけられました

トゥールーズ・ロートレックの樹形

バラ(トゥールズ・ロートレック)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(トゥールーズ・ロートレック)の木 2017/11/7 長居植物園

トゥールーズ・ロートレックは、樹高1.5mほど、直立性の樹形です。枝が細めなので、支柱を立てて育てたほうがよいようです。




トゥールーズ・ロートレックの作出について

バラ(トゥールーズ・ロートレック)の花。長居植物園で撮影
バラ(トゥールーズ・ロートレック)の花 2017/11/7 長居植物園

トゥールーズ・ロートレックは、1993年にフランスのメイアン(Meilland,A.)が作り出したバラの品種です。

交配親は、(Ambassador)と(King’sRansom×Landora)です。

トゥールーズ・ロートレックを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)