バラ(ピース)の花。長居植物園で撮影
バラ(ピース)の花 2017/11/7 長居植物園

ピースはどんなバラ?

バラ(ピース)の花
品種名
ピース
Peace
系統
HT(ハイブリッド・ティー)
咲き方
四季咲き
花の色
黄色
花の形・大きさ
半剣弁高芯咲き 15cm
花の香り
香りあり



ピースの花の特徴

バラ(ピース)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(ピース)の花 2017/11/7 長居植物園

ピースは、15㎝ほどの大きさで、花の全体は淡い黄色、花びらの端がピンク色のバラの品種です。気温や日照などの条件により、ベースの黄色や覆輪のピンク色に微妙な変化があります。

花びらの数は40枚以上、半剣弁高芯咲きの整った花形の巨大輪です。

バラ(ピース)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(ピース)の花 2017/11/7 長居植物園

ピースという名前は、第二次世界大戦終戦の1945年に平和への願いを込めて名付けられました。

ピースの樹形

バラ(ピース)の木全体。長居植物園で撮影
バラ(ピース)の木 2017/11/7 長居植物園

ピースは1.5mほどの樹高、半横張り性の樹形です。

性質が強く巨大な花を咲かせるピースは、バラの改良の歴史上、とても重要な転機となりました。

バラ(ピース)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(ピース)のトゲ 2017/11/7 長居植物園




ピースの作出について

バラ(ピース)の花。長居植物園で撮影
バラ(ピース)の花 2017/11/7 長居植物園

ピースは、1945年にフランスのメイアン(Meilland,F.)が作り出したバラの品種です。1976年、第3回世界バラ会連合世界大会(イギリス オックスフォード大会)で、最初の「バラの殿堂」入りをしています。

交配親は、(George Dickson×Souv. De Claudius Pernet)×(Joanna Hill×Charles P. Kilham))と(Margaret McGredy)です。

ピースを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)