バラ(ピカソ)の花。長居植物園で撮影
バラ(ピカソ)の花 2017/11/7 長居植物園

ピカソはどんなバラ?

バラ(ピカソ)の花
品種名
ピカソ
Picasso
系統
F(フロリバンダ)
咲き方
四季咲き
花の色
花の形・大きさ
丸弁半八重咲 8cm
花の香り
香りなし



ピカソの花の特徴

バラ(ピカソ)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(ピカソ)の花 2017/11/7 長居植物園

ピカソは、8㎝ほどの大きさの赤いバラの品種です。花びらの裏が白く、花びらの縁も白く、かすりや筋が入ることがあります。このような模様をハンドペイントと言いますが、ピカソはハンドペイントの世界初の品種です。寒冷地では特に美しい模様が現れます。

ピカソの花型は丸弁半八重咲きです。数輪の房咲きで多花性、四季咲きなので、長い期間花を楽しむことができます。

バラ(ピカソ)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(ピカソ)の花 2017/11/7 長居植物園

ピカソの樹形

バラ(ピカソ)の木全体。長居植物園で撮影
バラ(ピカソ)の木 2017/11/7 長居植物園

ピカソは樹高0.8mほど、半横張り性の樹形です。しなやかに伸びる細めの枝で、トゲが多いです。

生育が旺盛で、黒点病に強い強健種なので、育てやすい品種。樹高が低くコンパクトなので、鉢栽培にも向いています。

バラ(ピカソ)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(ピカソ)のトゲ 2017/11/7 長居植物園




ピカソの作出について

バラ(ピカソ)の花。長居植物園で撮影
バラ(ピカソ)の花 2017/11/7 長居植物園

ピカソは、1971年にイギリスの(McGredy,S.)が作り出したバラの品種です。

交配親は、(Marlena×Evelyn Fison)と(Frühlingsmorden×Orange Sweetheart)です。

ピカソを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)