バラ(パパ・メイヤン)の花。長居植物園で撮影
バラ(パパ・メイアン)の花 2017/11/7 長居植物園

パパ・メイアンはどんなバラ?

バラ(パパ・メイヤン)の花
品種名
パパ・メイアン/パパ・メイヤン
Papa Meilland
系統
HT(ハイブリッド・ティー)
咲き方
四季咲き
花の色
黒赤色
花の形・大きさ
剣弁高芯咲き 15cm
花の香り
香りあり



パパ・メイアンの花の特徴

バラ(パパ・メイヤン)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(パパ・メイアン)の花 2017/11/7 長居植物園

パパ・メイアンは15㎝ほどのとても大きなバラです。黒っぽい濃い赤色で、花びらはビロードのよう、黒バラの代表的な品種としても知られています。

剣弁高芯咲きで一般的なバラのイメージの花形です。ダマスク系の香りでも有名です。

バラ(パパ・メイヤン)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(パパ・メイアン)の花 2017/11/7 長居植物園

パパ・メイアンの樹形

バラ(パパ・メイヤン)の木。長居植物園で撮影
バラ(パパ・メイアン)の木 2017/11/7 長居植物園

パパ・メイヤンの樹高は1.5mほど、直立性の樹形です。枝が太く、あまり伸びはよくありません。

バラ(パパ・メイヤン)の枝と葉とトゲ。長居植物園で撮影
バラ(パパ・メイアン)のトゲ 2017/11/7 長居植物園




パパ・メイアンの作出について

バラ(パパ・メイヤン)の花。長居植物園で撮影
バラ(パパ・メイアン)の花 2017/11/7 長居植物園

パパ・メイアンは、1963年にフランスのメイアン(Meilland,A.)が作り出したバラの品種です。1988年、第8回世界バラ会連合世界大会で「バラの殿堂」入りしています。

交配親は、(Chrysler Imperial)と(Charles Mallerin)です。

パパ・メイアンを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)