バラ(ダブル・デライト)の花。長居植物園で撮影
バラ(ダブル・デライト)の花 2017/11/7 長居植物園

ダブル・デライトはどんなバラ?

バラ(ダブル・デライト)の花
品種名
ダブル・デライト
Double Delight
系統
HT(ハイブリッド・ティー)
咲き方
四季咲き
花の色
花の形・大きさ
丸弁カップ咲き 12cm
花の香り
香りあり



ダブル・デライトの花の特徴

バラ(ダブル・デライト)の花の横顔。長居植物園で撮影
バラ(ダブル・デライト)の花 2017/11/7 長居植物園

ダブル・デライトは、花の大きさ12㎝ほど、クリーム色がかった白い花びらの端に鮮やかな赤色のバラの品種です。花が開くにつれ、赤くなります。花色は、気温や日照に影響されます。

丸弁カップ咲きの花型で、花びらの数は40枚くらいです。フルーティーな香りがあります。

バラ(ダブル・デライト)のつぼみ。長居植物園で撮影
バラ(ダブル・デライト)のつぼみ 2017/11/7 長居植物園

デライト(delight)には、英語で「幸福・喜び」という意味です。花名のダブル・デライトは、花の美しさと香りの良さにちなんで、「二重の喜び」という意味で名づけられました。

ダブル・デライトの樹形

バラ(ダブル・デライト)の木全体。長居植物園で撮影
バラ(ダブル・デライト)の木 2017/11/7 長居植物園

ダブル・デライトは、樹高1.2mほど、横張り性の樹形、コンパクトにまとまりやすい品種です。枝が細く、花茎が長いので、雨にあたるとうなだれやすいです。

バラ(ダブル・デライト)の枝とトゲと葉。長居植物園で撮影
バラ(ダブル・デライト)のトゲ 2017/11/7 長居植物園




ダブル・デライトの作出について

バラ(ダブル・デライト)の花。長居植物園で撮影
バラ(ダブル・デライト)の花 2017/11/7 長居植物園

ダブル・デライトは、1977年にアメリカの(Swim,H.C.&Ellis,A.E.)が作り出したバラの品種です。

交配親は、(Granada)と(Garden Party)です。

ダブル・デライトを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)