バラ(桃山)の花。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(桃山)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

桃山はどんなバラ?

バラ(桃山)の花の写真

品種名
桃山(モモヤマ)
Momoyama
系統
HT(ハイブリッド・ティー)
咲き方
四季咲き
花の色
ピンク
花の形・大きさ
剣弁高芯咲き 12cm
花の香り
微香



桃山の花の特徴

バラ(桃山)の開きかけの花とつぼみ。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(桃山)の花とつぼみ 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

桃山は濃いめのピンク色のバラです。12センチほどの大きな花で、厚めの花びらが丈夫なため、切り花にも適しています。

花びらの先がとがって外側に反り、横から見たときに花の中心が高くなっている剣弁高芯咲き。多くの人がバラをイメージした時に思い浮かべる花の形です。

桃山の樹形

バラ(桃山)の花が咲いている風景。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(桃山)の木と花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

桃山は1.5mほどの直立性、旺盛に茂り、立派な株立ちになります。強健種で耐病性にも優れているため、桃山はバラ栽培の初心者にもおすすめできる品種です。

桃山は、バラの中でも比較的、トゲが多めです。

バラ(桃山)の棘の写真。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(桃山)の茎とトゲ 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地




桃山の作出について

ピンク色のバラ(桃山)の花のアップ。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(桃山)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

桃山は、1981年に岡本勘治郎(京阪園芸)が作り出したバラの品種です。

交配親は、母品種がヘレン・トラウベル(Helen Traubel)、父品種がアン・レッツ(Anne Letts)です。

桃山を撮影したバラ園

花博記念公園鶴見緑地(大阪府大阪市)