バラの原種ハマナスの花。荒巻バラ公園で撮影
ハマナスの花 2017/10/19 荒巻バラ公園

ハマナスはどんなバラ?

バラの原種ハマナスの花

品種名
浜茄子(ハマナス)/ ロサ・ルゴサ
Rosa rugosa
系統
Sp(Species)野生種・原種
咲き方
返り咲き
花の色
濃いローズ色
花の形・大きさ
一重咲き 9cm
花の香り
香りあり



ハマナスの花の特徴

バラの原種ハマナスのつぼみ。荒巻バラ公園で撮影
ハマナスのつぼみ 2017/10/19 荒巻バラ公園

ハマナスは、北海道や本州北部の海岸の砂地に自生しているアジアの代表的な原種のバラです。

9cmほどの濃いローズ色の一重の花を咲かせます。白花のハマナスもあります。

バラの原種ハマナスの花。荒巻バラ公園で撮影
ハマナスの花 2017/10/19 荒巻バラ公園

ハマナスの樹形

バラの原種ハマナスの木。荒巻バラ公園で撮影
ハマナスの木 2017/10/19 荒巻バラ公園

自生しているハマナスの樹高は30㎝ほどですが、花壇などで栽培すると1.5mほどの高さに成長します。

葉脈がくっきりとした葉で、枝にはとてもたくさんのトゲが密生しています。

バラの原種ハマナスのトゲ。荒巻バラ公園で撮影
ハマナスの木のトゲ 2017/10/19 荒巻バラ公園

ハマナスの実(ローズヒップ)

ハマナスの実(ローズヒップ)がなっている木。長居植物園で撮影
ハマナスの木と実 2017/11/7 長居植物園
 

秋にはハマナスの実(ローズヒップ)がなります。親指の先ほどとバラの中では大きめの赤い実で、食べることができます。

実がナシに似ていることから「ハマナシ」と名づけられ、後になまって「ハマナス」と呼ばれるようになりました。

バラの原種ハマナスの実。荒巻バラ公園で撮影
ハマナスの実(ローズヒップ) 2017/10/19 荒巻バラ公園




ハマナスの生育地について

ハマナスの花。長居植物園で撮影
ハマナスの花 2017/11/7 長居植物園

ハマナスは、東アジアの温帯から冷帯にかけて広く分布しています。日本では北海道に多く、茨城県や島根県の海岸の砂地に自生しています。

ハマナスを撮影したバラ園

長居植物園(大阪府大阪市)
荒巻バラ公園(兵庫県伊丹市)