新潟県にある4カ所のバラ園を紹介します。新潟県では、春の見ごろは5月中旬~6月上旬、秋の見ごろは10月中旬~11月上旬が多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



新潟県 のバラ園とバラまつり

国営越後丘陵公園 バラ園(新潟県長岡市)

国営越後丘陵公園は、北陸地方唯一の国営公園です。GWにはチューリップ見頃を迎え、冬季はスキー・スノーボードのゲレンデとして利用されています。

バラ園は、モダンローズ中心のエリアと原種・オールドローズのエリア、香りのばら園のエリアなどに分け、667品種・2315本のバラが栽培されています。

2018年のイベント

香りのばらまつり:2018年5月26日(土)~6月17日(日)
香りのばらまつり・秋:2018年10月6日(土)~10月28日(日)

6月上旬~6月下旬10月上旬~10月下旬667種類・2315株

お杉ばら園(新潟県新潟市)

お杉ばら園は、岩室温泉郷から弥彦方面へ向かう途中にあり、西蒲はら会によって管理運営されています。

ばら園は、3140m²の広さがあり、四季咲き大輪花のハイブリッドティーローズを中心に、600品種・1350本のバラが栽培されています。いつでも無料で見学できます。

6月上旬・8月上旬10月中旬660種類・1350株

寺尾中央公園 バラ園(新潟県新潟市)

寺尾中央公園は、チューリップの遊園地として知られていた新潟遊園の跡地に作られました。4万本のチューリップ花壇や、遊具や芝生広場などがあります。

バラ園では、50品種・540本のバラが栽培され、無料で鑑賞できます。

6月上旬~8月10月上旬50種類・540株

冬鳥越スキーガーデン バラ園(新潟県加茂市)

冬鳥越スキーガーデンでは、ファミリーゲレンデとして冬は利用されてる芝生の公園です。花時計やバラ園、木造電車や電気機関車などがあります。

バラ園には、50品種・2000本のバラが栽培され、いつでも無料で鑑賞できます。

6月10月150種類・2000株