バラ(ベスビアス)の花。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(ベスビアス)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

ベスビアスはどんなバラ?

バラ(ヴェスヴィアス)の花
品種名
ベスビアス / ヴェスヴィアス
Vesuvius
系統
HT(ハイブリッド・ティー)
咲き方
四季咲き
花の色
濃赤色 深紅色
花の形・大きさ
一重咲き 10cm
花の香り
微香



ベスビアスの花の特徴

横から見たバラ(ベスビアス)の花。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(ベスビアス)の花の横顔 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

ベスビアスは濃い赤色の一重咲きの品種です。数輪の房咲きで、花付きがとてもよいバラです。

雄しべの黄色と花びらの赤色のコントラストが美しく、10㎝ほどの中大輪の花を咲かせます。

ベスビアスの樹形

バラ(ベスビアス)の枝とトゲの状態。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(ベスビアス)の枝とトゲ 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

ベスビアスは高さ1mほど、枝は直立性~半横張り性です。樹勢が強く、鉢栽培も可能。耐寒性、耐暑性に優れています。

やや細めの枝で、トゲが多いです。




ベスビアスの作出について

バラ(ベスビアス)の花のアップ。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(ベスビアス)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

ベスビアスは、1923年にイギリスのマグレディー(McGredy,S.)が作り出したバラです。

作出は90年以上前で、一重咲きのバラの初期の品種の一つです。

ベスビアスを撮影したバラ園

花博記念公園鶴見緑地(大阪府大阪市)