オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

チャンピオン・オブ・ザ・ワールドはどんなバラ?

オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花
品種名
チャンピオン・オブ・ザ・ワールド
Champion of the World
系統
オールドローズ
HP(ハイブリッド・パーペチュアル)
咲き方
返り咲き
花の色
ピンク
花の形・大きさ
カップ咲き~ロゼット咲き 7cm
花の香り
香りあり



チャンピオン・オブ・ザ・ワールドの花の特徴

オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)のつぼみ。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

チャンピオン・オブ・ザ・ワールドは、6㎝ほどのピンク色の花を咲かせるオールドローズです。咲き進むにつれ花の色がうすくなります。

花の形はカップ咲き~ロゼット咲き。房咲きで、ひと枝に4~10輪ほど花を付けます。返り咲き~四季咲きなので、長い期間花を楽しむことができます。

ティー香を含むダマスク系の香りがあります。

オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花とつぼみ。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

チャンピオン・オブ・ザ・ワールドの樹形

オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の木全体の様子。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の木 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

チャンピオン・オブ・ザ・ワールドは、樹高1.5mほど半横張り性の樹形です。低いフェンスやオベリスクに誘引することができます。

強健で強めの切り戻しにも耐えるため、鉢栽培にも適しています。

オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の枝と葉とトゲ。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)のトゲ 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地




チャンピオン・オブ・ザ・ワールドの作出について

オールドローズ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の満開の花。花博記念公園鶴見緑地で撮影
バラ(チャンピオン・オブ・ザ・ワールド)の花 2017/10/31 花博記念公園鶴見緑地

チャンピオン・オブ・ザ・ワールドは、1894年にイギリスのウッドハウス(Woodhouse)が作り出したバラの品種です。

交配親は、母品種がエルモサ(Hermosa)、父品種が(Magna Charta)です。

チャンピオン・オブ・ザ・ワールドを撮影したバラ園

花博記念公園鶴見緑地(大阪府大阪市)