北海道にあるバラ園の一覧です。全部で11カ所のバラ園を紹介しています。

いわみざわ公園バラ園
いわみざわ公園バラ園(北海道)

北海道にあるバラ園は、春の見ごろが6月中旬~7月上旬ごろ、秋の見ごろが9月中旬~10中旬ごろが多いようです。

日照時間や気温によってバラの見頃時期は変わるので、くわしくは各バラ園にお問い合わせください。

*マークの見方 春の見ごろ秋の見ごろバラの品種数と本数



道央のバラ園とバラまつり

いわみざわ公園バラ園(北海道岩見沢市)

いわみざわ公園は広さ162haの総合公園です。遊園地、スキー場、キャンプ場、2万人収容の野外音楽堂、科学館などがあります。

4万m²のバラ園では、バラの原種の一つのハマナスや大輪のバラ、アーチ状に仕立てられてつるバラなど630品種・8800本のバラが栽培されています。

6月中旬~7月中旬9月中旬~10月中旬630種類・8800株

ローズガーデンちっぷべつ(北海道雨竜郡秩父別町)

ローズガーデンちっぷべつは、バラを中心とした花と緑の野外レクリエーション施設として、1999年に開園しました。総面積は5.4haです。

バラ園の敷地は3000m²、300品種3000本のバラが栽培されています。バラの開花時期のみの開園ですが、無料で鑑賞でき、バラの香りのソフトクリームなども販売しています。

2018年の開園期間

開園期間:2018年6月24日(土)~10月8日(日)

6月中旬~~10月上旬300種類・3000株

雪印種苗園芸センター バラ見本園(北海道札幌市)

雪印種苗園芸センターは、温室店舗と苗売木場がある園芸店です。

敷地内にはバラ見本園があり、336品種・860本のバラが栽培されています。開園期間中は無料で入園できます。

6月下旬~~10月下旬336種類・860株

大通公園バラ園(北海道札幌市)

大通公園(おおどおりこうえん)は札幌市の中心部にある東西1.5㎞の特殊公園です。ライラックやハルニレなど4700本の樹木や花壇が整備され、さっぽろ雪まつりなどイベントが開催されています。

東端にあるテレビ塔と反対の西端の「西12丁目」にバラ園があり、55品種のバラが栽培されています。

6月中旬~~10月中旬55種類

白い恋人パーク ローズガーデン(北海道札幌市)

白い恋人パークは、北海道土産の定番の銘菓「白い恋人」のテーマパークです。工場見学やお菓子作り体験などができ、カフェも併設されています。

中庭に英国風のローズガーデンがあり、200品種以上のバラや季節の花が鑑賞できます。

6月下旬~~10月上旬200種類

えこりん村 銀河庭園ローズガーデン(北海道恵庭市)

えこりん村は、環境問題や健全な食のテーマパークです。アルパカやヒツジが放牧されている「みどりの牧場」や30のガーデンのある「銀河庭園」、1本のトマトの苗に1万3000個の実がつく「とまとの森」があります。

ローズガーデンは、香りのよいイングリッシュローズとオールドローズが中心。園内では、食べるためのバラも育てています。

2018年のイベント

第11回バラ祭り:2018年6月30日(土)~7月16日(月)

6月下旬~7月中旬不明不明

ゆにガーデン ローズガーデン(北海道夕張郡由仁町)

ゆにガーデンは、ホワイトガーデンやウォーターガーデンなどそれぞれの特徴を持つ15カ所のガーデンのある庭園施設です。102万本のリナリアやユリ、コスモスなどが咲きます。

ローズガーデンでは、鮮やかなバラとともに、バラの野生種のひとつハマナスも栽培されています。

6月下旬~7月下旬9月上旬~10月中旬不明

北海道大植物園 バラ園(北海道札幌市)

JR札幌駅から徒歩10分に位置する北海道大学植物園。1886年に開園した大学施設ですが、一般に公開され、北海道の自生植物を中心に4000種類の植物を見ることができます。

バラ園には北海道の花に指定されているハマナスと20種の園芸種のバラが栽培されています。

6月下旬~~10月下旬20種類

道南のバラ園とバラまつり

旧イギリス領事館 洋式庭園(北海道函館市)

旧イギリス領事館は大正2年(1913年)に建設され、1934年までイギリスの領事館として使用された建物です。現在は開港記念館として公開されています。

洋式庭園には45本ほどのバラと、ヴィクトリアン調のガゼボや噴水があり、英国風の雰囲気です。ショップやカフェも併設されています。

6月中旬~7月中旬不明18種類・45株

道北のバラ園とバラまつり

はぼろバラ園(北海道羽幌町)

はぼろバラ園は、国道232号・通称「オロロンライン」の中継点にある道の駅「ほっとはぼろ」に隣接しています。道の駅には温泉もあり、芝生広場、北海道海鳥センターなどもあります。

はぼろバラ園では、300種類・2000本のバラが栽培され、無料で鑑賞できます。最盛期は7月中旬から8月上旬です。

6月下旬~7月下旬9月下旬~10月下旬300種類・2000株

道東のバラ園とバラまつり

十勝千年の森ローズ・ガーデン(北海道上川郡清水町)

十勝千年の森は、森・庭・農・アートといった様々な方法で、人と自然がふれあうことができる施設です。広大な敷地には4つのガーデンがあり、チーズ作りや乗馬体験もできます。

ファームガーデン内のローズガーデンは、ガーデンデザイナーのダン・ピアソン氏が監修し、デビッド・オースチン・ロージズ社のマイケル・マリオット氏とのコラボレーションで作られ、1200本のバラが栽培されています。

2018年のイベント

ローズフェスティバル:未定(例年7月下旬~8月中旬)

7月~不明1200本